item4
item10

水鳥公園

福生市にお別れしてミントグリーン色の橋を渡ると昭島市に入ります。

橋を渡った先で道が2手に別れていますが右のほうへ進んで下さい。

ここは昭島市の水鳥公園です。

「水鳥公園」の案内板を右手に見ながら進みます。

公園内には水飲み場と簡易トイレ、芝の広場があるくらいで、水鳥がたくさん棲息しているわけではありません。

水鳥公園に入って右手に進んだら道なりに走ります。

路面に「羽村堰から5.5km」の表示が見えてきます。

少し走ると水鳥公園の出口でまたコースが2手に別れます。

黄色と黒のポールを過ぎたら右へ進みましょう。

九ヶ村用水取水口跡

上の写真で突き当たりの白いフェンスの向こう側に「九ヶ村用水取水口跡」の遺構があります。

延宝元年頃(1670年)に完成し、昭島市、立川市など九ヶ村の用水路へ灌漑用水を引くための取水口があった場所です。

昭和の初めに村山貯水池と山口貯水池が完成して水量が減り、取水が困難となったため役目を終えました。

1933年(昭和8年)にここから200メートルほど下流側に新たな用水路と昭和用水堰が造られ現在に至っています。

昭和用水堰

昭和用水堰

2手に別れたところからさらに200mほど進むと、右手の多摩川に大きな堰が見えてきます。

これが先ほど説明した九ヶ村用水から役目を引き継いだ昭和用水堰です。

ここは多摩川と秋川が合流するポイントで視界が開けてとても眺めのいい場所です。また対岸の丘の上には戦国時代に関東随一の規模を誇った滝山城の遺構があります。

サイクリングコース沿いの左手には多摩川漁業組合の看板があります。

この看板のところから堰のほうへ降りることができます。

看板を左手に観ながらさらに先へ進みましょう。

昭和用水堰の少し先に「スタート地点から6.0km」の表示があります。

さらに進むとコースはゆるやかに下りその先に大きなS字カーブがあります。

左の未舗装路面はショートッカットルートです。

S字カーブを下って大きく曲がるとまた土手の上に登ります。

その後はフェンスに沿って進行方向へ進んで下さい。

 

浅川サイクリングコース

浅川サイクリングコース