item20

高尾山は都心から気軽に行ける緑豊かな「国定公園」です。貴重な自然が残る山麓一帯には、ムササビヤやニホンザルなどの動物の他、珍しい花や昆虫、野鳥などが生息し四季折々の表情を見せてくれます。ミッシュランの三つ星に指定され年間を通じて多くの観光客が訪れます。標高は599mで、東京都八王子市の西部に位置し京王高尾山口駅まで電車で行くことが可能です。

欲張りで体力もある人には、ぜひ浅川サイクリングと一緒に楽しむことをおすすめします。

アクセス方法

浅川サイクリングコースのスタート地点である陵南大橋から、京王線高尾山口駅までおよそ3kmです。国道20号線/甲州街道を西へ向かって走れば駅前に到着します。

折り畳み自転車の人は、電車に積んでアクセスするほが便利でしょう。ちなみに「高尾駅」と「高尾山口駅」は別です。高尾駅にはJR中央線も乗り入れていますが、高尾山口駅は京王線だけです。間違えないように注意して下さい。

電車で来た人も自転車を漕いで来た人も、駅前に自転車を止めてそこから登山口までは徒歩で進みます。登山口までおよそ5分です。そこからケーブルカーやリフトで登ることも可能ですが、ここでは歩いて、あるいは走って登るルートをご説明します。

item13

サイクリング&登山プラン

1号路を上り山頂から稲荷山コースで下山する場合、コース全長は6.9km、標高差は434mになります。所要時間は歩きで2時間〜2時間半です。走れば1時間前後でしょうか。

つまり午前10時くらいまでに登山口にいれば、高尾山に登って、浅川〜多摩川サイクリングを堪能しても、夜までに帰宅できます。もちろんそれなりの体力が必要ですし、住んでいる場所にもよりますが。

ここで登山したあと自転車で大田区のガス橋まで戻るケースを想定してみましょう。

午前10時:高尾登山開始

午前11時:山頂

午前11時半下山開始

12時半:登山口に帰着

12時半〜14時:予備時間及び食事(立ち寄りたい麺処を参照して下さい)

14時:陵南大橋南詰めよりサイクリング開始(登山口〜陵南大橋はおよそ3kmです)

15時〜15時半:関戸橋(府中市、多摩市)

16時半:二子玉川(世田谷区、川崎市)

17時半〜18時:ガス橋(大田区、川崎市)

高尾山登山を走ってトレイルランニングにすればもっと時間に余裕を持てます♪

item17

登山道

登山口から山頂までは3本の登山道がつながっています。

1号路は一番メインな登山道です。展望台やサル園、仏舎利塔、薬王院など高尾山のみどころを通過しながら山頂へ続いています。ただし年間を通じて大勢のハイキング、観光客で賑わっています。もし走って登りたいなら、大寒波、台風、大雨の日以外はこのコースは避けたほうがいいです。夏や秋の行楽シーズンでは、ケーブルカーやリフトにも長蛇の列ができます。

6号路は高尾山に自生する珍しいスミレを観察することができます。上り専用コースですが、ここもかなりの人で混雑しています。特にスミレの花が咲く、4月中旬〜5月上旬は、走って登るのは避けたほうがいいでしょう。

歩いて登るなら1号路でも6号路でもかまいません。

稲荷山コースはいつもすいています。トレイルランニングをするなおすすめのコースです。ですから上りは稲荷山コース、下りは1号路を早歩き、というパターンがいいかもしれませんね。

item14

秋は燃えるような紅葉を楽しめます

item21item26

おみやげや美味しいもの探しもわくわくしますね

item25

願いごとをとなえながら穴をくぐると叶うそうです(^^)

item27

豊かな自然の中を進む登山道。森林浴と澄んだ空気をいっぱい吸って元気になりましょう

item29

触ると鼻がよくなるそうです

item23

開運!厄払い!

多摩川サイクリングコース

浅川サイクリングコース