item44

浅川、多摩川サイクリングコースの相互乗り入れで一番問題になるところは、多摩川左岸の中央高速橋梁〜日野橋間に土手沿いの専用道がないことです。

この区間は住宅街や立川公園の中を通過しなければ通り抜けることができません。路面はすべて舗装されていますが自動車がやっとすれ違えるほどの狭い道を自転車で走るのはちょっとストレスです。順路もはじめての場合は分かりづらいでしょう。

それならと、この区間を多摩川右岸を走ると今度は左岸に戻る橋がありません。厳密に言うと石田大橋を渡れば左岸に戻れますが、石田大橋は土手を大きくまたいで架かっているため、右岸でも左岸でも土手の上のサイクリングコースへのアクセスが分かりづらいところが難点です。左岸側には階段に併設されているスロープがあるにはありますが右岸側にはありません。

ここで大きな鍵を握るのは多摩川右岸のサイクリングコースは石田大橋の下流で浅川左岸のサイクリングコースと合流するということです。多摩川と浅川の合流地点が石田大橋と四谷橋の間にあるからです。

これをうまく利用すれば多摩川ー浅川のそれぞれのサイクリングコースをあたかもひとつのコースとして相互に乗り入れ楽しむことができます。

ここではその方法を解説しましょう。

多摩川下流方面から浅川サイクリングコースに合流する方法

多摩川下流方面から左岸のサイクリングコースを走って関戸橋又は四谷橋を渡る>橋を渡ったら多摩川右岸を上流方面へ進む>そのまま程久保川右岸コースになります>玉川橋を渡って右折>程久保川左岸コース>道なりに砂州の先端を回り込むと浅川右岸コースになります。回り込んだ場所が浅川0kmポイントです。

多摩川上流方面から浅川サイクリングコースに合流する方法

多摩川左岸を上流方面へ走ってくる>日野橋を渡り多摩川右岸を下流方面へ進む>中央高速橋梁、石田大橋をくぐる>道なりに砂州の先端を回り込み浅川左岸コースに合流する>日野クリーンセンター前から車道の舗道を走る>右手に都立日野高校が見える>新井橋を渡る>浅川右岸コースに合流する

浅川から多摩川サイクリングコース上流方面へ行く方法

新井橋北詰から浅川左岸コースを下流方面へ進む>左手に都立日野高校が見える>車道の舗道を走る>日野クリーンセンター前から専用道>道なりに砂州の先端を回り込むと多摩川右岸コースと合流します>多摩川右岸コースを遡る>日野橋を渡る>日野橋を渡ったら多摩川左岸を上流方面へ進む>このサイクリングロードは羽村堰まで続いています

浅川から多摩川サイクリングコース下流方面へ行く方法

浅川右岸のサイクリングコースを下流方面へ進む>浅川0kmポイントを過ぎたら道なりに砂州の先端を回り込み程久保川左岸に出る>玉川橋を渡る>橋を渡ったら左折し程久保川右岸を下流方面へ進む>そのまま多摩川右岸コースになります>四谷橋か関戸橋をわたり多摩川下流方面へ進む>このサイクリングコースは羽田空港の手前まで続いています。

item33

中央高速多摩川橋梁のところで土手のサイクリングコースはいったんなくなります

item28

中央高速多摩川橋梁と日野橋の間の多摩川左岸ではこんな場所を走ります

多摩川サイクリングコース

浅川サイクリングコース