item14

上野写真は鶴巻橋の銅像

浅川サイクリングコースには上流から

陵南大橋、古道橋、南浅川橋、陵東橋、横山橋、東横山橋、睦橋、さつき橋、水無瀬橋、横川橋、萩原橋、浅川橋、暁橋、浅川大橋、大和田橋、新浅川橋、栄橋、長沼橋、滝合橋、平山橋、一番橋、高幡橋、万願寺ふれあい橋、新井橋、玉川橋、四谷橋、関戸橋、

の27個の橋があります。それぞれの橋のデザインや周囲の景観を楽しみながら自転車を漕ぐのはリバーサイドサイクリングの魅力のひとつです。八王子市役所前に架かる鶴巻橋には12体の銅像が立っています。

27個の橋のうち、実際にコースで渡るのは栄橋、長沼橋、滝合橋、一番橋、玉川橋、そしてゴールの関戸橋の6つです。あとは橋のたもとを横断するか下をくぐって通過します。

また歩行者/自転車専用橋は、古道橋、睦橋、さつき橋、栄橋、万願寺ふれあい橋の5つです。

浅川には上流から

JR八高線、JR中央線、多摩都市モノレール、京王線の4本の電車の鉄橋が架かっています。このうち八高線以外ではコースはすべて鉄橋の下を通り抜けます。*八高線は踏切で線路を横断します。

ちょうどのタイミングで電車やモノレールが頭上を通過したら興奮しますね(^^)

item13

JR八高線踏切付近

■多摩川サイクリングコースとの接続

浅川コースは四谷橋と関戸橋で多摩川サイクリングロードに接続しています。まあ厳密に言えば四谷橋も関戸橋も多摩川に架かる橋なんですから当たり前ですが。

浅川の上流から自転車で走行してきて四谷橋か関戸橋を渡り多摩川左岸に出ます。そこから上流方面へ向かえば羽村堰までサイクリングロードが続いています。

また下流方面へ向かえば大師橋〜羽田空港まで続いています。

これも厳密に言えば、右岸、左岸の走り分けが必要ですが、それは多摩川コースの紹介のところであらためて説明します。

また新井橋から浅川左岸を下流方面へ進むと多摩川との合流地点を回り込んで多摩川右岸のコースへつながっています。そのまま日野橋まで進み左岸へ渡ればさらに上流へ向かうことができます。また石田大橋を渡れば階段に併設されたスロープを使って多摩川左岸コースに接続できます。石田大橋を渡った場合は下流方面へ向かうことができます。*石田大橋の上流にある中央高速多摩川橋梁と日野橋の間の左岸には土手粗沿いのコースがありません。

■立日橋〜中央高速橋梁間の左岸を迂回する方法

日野橋〜中央高速橋梁間の多摩川左岸には土手を走るサイクリングコースがありません。立川公園と住宅地の中の一般道を走れば中央高速橋梁から下流の土手コースへ合流できますが、ちょっと分かりにくいコースです。

この場合、浅川と連携するルートを通ればほとんど専用道を走ってさらに多摩川の下流へ進むことができます。

多摩川上流から下流へ向かう場合、

1)日野橋を渡り多摩川右岸コースに出る

2)多摩川右岸コースを浅川との合流まで走る

3)浅川との合流点から浅川左岸コースにで出る

4)浅川左岸コースを新井橋まで遡る

5)新井橋を渡り浅川右岸コースに出て下流方面へ向かう

6)四谷橋か関戸橋を渡り多摩川左岸コースに合流する

多摩川下流から上流へ向かう場合は

1)石田大橋の階段に併設されたスロープを上りはしの舗道へ出る

2)石田大橋を渡る

3)南側の舗道を通り途中にある階段で下に降りる

4)道なりに進み橋の北側の下に出たら右折する

5)多摩川右岸とぶつかったら土手に登り専用道を進む

6)浅川との合流点から浅川左岸コースにで出る

7)浅川左岸コースを新井橋まで遡る

8)新井橋を渡り浅川右岸コースに出て下流方面へ向かう

9)四谷橋か関戸橋を渡り多摩川左岸コースに合流する

■南多摩丘陵コースとの接続

JR南武線南多摩駅と京王線聖蹟桜ヶ丘間の川崎街道はサイクリストにちょっとした人気の丘陵コースです。ここは舗道の幅が広くゆったりしているうえに歩行者がほとんどいないので、広い歩道が自転車専用道のように使えるからです。適度な斜度が続く峠は上り坂を楽しみたい自転車乗りには格好のトレーニングコースと言えます。さらに足を伸ばせば尾根環道路やよこやまの道へも比較的簡単にアクセスできます。、

item27

浅川サイクリングコース沿いあるおもな見所

・高尾山

ミッシュラン三つ星の観光地。サイクリングコーススタート地点からさらに3kmほど上流に登山口があります。高尾山ハイキングやトレイルランニングとセットで浅川サイクリングを楽しむことも可能です。

公式サイト:http://www.takaotozan.co.jp/

・長沼公園

サイクリングコース中にある長沼橋から400m南にある都立公園。高低差100m以上のトレイルが無数に伸びるトレイルランニングの穴場。ほとんど人がいないため独占的に遊べます。

・高幡不動

年間を通して多数の参拝客が訪れる関東三大不動のひとつ。節分の日は毎年有名人が豆をまきます。

公式サイト:http://www.takahatafudoson.or.jp/

・多摩動物公園

高幡不動の南側にある日本有数の規模を誇る動物園。浅川サイクリングコースから行くと上り坂を進みます。また高幡不動から京王線やモノレールでもアクセス可能です。

公式サイト:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/

item9

関東三大不動のひとつ、高幡不動

自動車の排気ガスを気にしないで自転車を漕げる浅川サイクリングロードはストレスフリーの素晴らしいコースです。ここでは上流から下流へ向かうルートをご紹介していますが、下流から上流へむかうときも気持のいい景観を楽しむことができます。

特に万願寺ふれ合い橋から滝合橋にかけては正面に高尾山や富士山を眺めながらペダルを漕ぐことができます。

また南浅川に入り水無瀬橋からゴール地点の陵南大橋までも川幅がぐっとせまくなり気持のいい景観が続きます。

3月後半〜4月上旬の桜の時期には満開の桜のトンネルがコースのあちらこちらに出現します。また桜の花びらがはらはら舞う中、川面には渡り鳥、遠くに富士山を望みながら自転車を漕ぐのはまさに至福のひとときです。

ソメイヨシノが終ったあとも八重桜やみずき、そして5月にはつつじが幸せいっぱいの香りとともに咲き誇ります(^^)。そのあともあじさいが咲き、夏から秋にかけてはさまざまな野草の花が咲き乱れます。

毎月走っても違う表情を楽しむことができますよ。

item5

万願寺ふれあい橋近くの桜のトンネル

多摩川サイクリングコース

浅川サイクリングコース